7月も新型コロナウィルスの影響で行事ごとが全くなく、引き続き「院長のひとり言」を記載したいと思います。

新型コロナウィルスの影響で世のお父さん達は、在宅勤務を強(し)いられております。そこで在宅勤務を行っている方々へワンポイントアドバイスを行っていきたいと思います。普段院長は、週末の日曜日ウォーキングを行うのですが、梅雨のせいで2週間ぶりにウォーキングを行ったところ途中で腸腰筋(足を持ち上げる筋肉)をつってしまいました。普段毎日仕事で動き回り、朝のトレーニングを毎日行っている院長がたかが2週間ウォーキングを行わなかっただけで足をつってしまったのです。何が言いたいかというと今まで毎日会社に通っていたお父さん達が急に在宅勤務になり、ほとんど家の中での作業で歩くことも減り、摩擦(身体にかかる負荷)がまったくなくなっている状態が何か月も続くと体の筋力ばかりではなく、新陳代謝や免疫力も低下し最後には内臓の疾患も発生しやすくなってしまいます。そこでアドバイス。1時間に1回休憩タイムをつくり、立った状態で両方の踵を持ち上げ運動(ヒールアップトレーニング)30回。椅子に座り片方ずつ膝を持ち上げ運動30回(片方)を行いましょう。踵を持ち上げることによりふくらはぎの筋肉が鍛えられまた、免疫力もアップします。膝を持ち上げれば、体幹を前で支える腸腰筋が鍛えられます。是非やってみてください。「継続は力なり」まずは、1日3回からやってみましょう